意味」タグアーカイブ

おせち料理の意味と種類。簡単な伝統的おせち料理の作り方

毎年クリスマスを過ぎると、百貨店やスーパーでは一斉にお正月準備用品が並び始めます。
おせち料理に必要な具材も、グンと増えますね。

今さらですが、おせち料理の意味と、種類には何があるのでしょう。
自分のための覚え書きでもあります。
重箱

おせち料理の意味と種類

おせち料理は、「御節供料理」と書くように、五節句の祝儀料理のこと。
後に、五つのうち最も重要な「人日の節句」の、正月料理を指すようになりました。

正月料理は、江戸時代の武家作法が中心となって形作られていて、
おせち料理一つ一つには、それぞれ意味があります。

【 一の重 】 祝い肴・・・黒豆、数の子、田作り、など
【 二の重 】 焼き物・・・鯛、伊勢えび、など海の幸
【 三の重 】 煮物・・・・煮しめ、など山の幸
【 与の重 】 酢の物・・・紅白なます、酢れんこん、など

  •  『黒豆』は、一年中まめ(健康)でいられるように
  •  『数の子』は、ニシンの卵で、数が多く、子孫繁栄を願って
  •  『田作り』は、カタクチイワシを田んぼの肥料にしたことから五穀豊穣の願い   また、ごまめ(五万米)ともいわれています。
  •  『伊勢えび』は、ひげが長くて腰が曲がっていることから、長寿を願う
  •  『昆布巻き』は、よろこぶ の語呂合わせ
  •  『栗きんとん』は、栗の実を搗いた搗ち栗(かちぐり)は、勝ち、きんとん(金団)は、金銀財宝で、金運を願う
  •  『くわい』は、最初に大きな芽が出ることから、めでたい の意

健康、子孫繁栄、五穀豊穣、長寿、金運、と、今も昔も人々の願い事は変わらないのです。

伝統的なおせち料理

おせち料理のなかで、黒豆・野菜の煮しめ・昆布巻きなど下準備に日を要するものや、
数の子・なます・さわらの味噌漬けなど、味をしみ込ませるものは、早めに準備します。
田作り・栗きんとんなどは、間際でも大丈夫です。

   <黒豆の作り方>

 黒豆(丹波篠山産)・・・390g(6dl:3合)
 砂糖・・・・・・・・・・280g
 しょう油・・・・・・・・50 cc

1. 黒豆は水洗いしてたっぷりの水に一晩つける
2. つけ汁のまま豆がかぶるくらいに水を加減して火にかける
3. 初めは強火、煮立ったら弱火にして5~6時間コトコト煮る(水がなくならないよう注ぎ足す)
4. 指で押し潰れるほど柔らかくなったら火を止め、蓋をしたまま冷めるまでそのままおく
5. すっかり冷めたら、豆が浸る程度の煮汁の量をはかって一旦豆を取り出す
6. 同量の新しい水に、1/3の分量の砂糖を加えて煮立て、豆を加えたらごく弱火で熱くなる程度に静かに煮含めて一日おく
7. 次の日煮汁だけとって、1/3の分量の砂糖を煮立てて、豆をもどして一日おく
8. 次の日同じようにして、豆を加えて最後に汁を煮つめるとき、しょう油小1・塩少々で味をひきしめる

   <数の子>

 塩漬け数の子・・・150g(中3本)
 だし汁・・・・・・1/2 C
 酒・・・・・・・・大 2
 しょう油・・・・・大 1
 塩・・・・・・・・小 1/4

1. 塩漬け数の子は、たっぷりの水に一晩つける
2. 流し水の中で、白い薄皮をていねいに取る
3. だし汁に調味料を入れて煮立て、冷ましておく
4. 密閉容器に一口大に切った数の子を入れ、だし汁を注いで漬け込む

   <紅白なます>

 大根・・・・・300g  (塩 小 1/2)
 金時人参・・・30~50g (塩 小 1/4)
 甘酢・・・・・砂糖 大 3
        酢  大 3~4
        塩  小 1/2
        水  大 2

1. 甘酢を煮立てて冷ましておく(日持ちがよくなる)
2. それぞれセン切りにして、塩を振り10分おく
3. 水で洗って固くしぼる
4. 甘酢に1~2日漬け込む
※ 干し柿の細切りや柚子などを入れてもおいしい

   <田作り>

 ごまめ・・・・100g
 しょう油・・・大 5
 砂糖・・・・・大 6
 酒・・・・・・少々

1. ごまめは、フライパンで焦がさないように弱火で十分煎る
2. 粗熱がとれたら、カスをふるい落とすようにして手で取り出す
3. 調味料を煮立て、糸を引く程度にゆるいあめ状にして
4. 手早くごまめを加えて火を止める
5. 全体をかき混ぜてからませる

   <栗きんとん>

 金時いも・・・・・600~700g
 水・・・・・・・・5C
 焼きミョウバン・・大 1

1. 金時いもを 2cm くらいに切って、焼きミョウバンを入れた水の中に30分ほどつけておく
2. さっと洗って鍋へ。 水をかぶるぐらいに入れて火にかけ、塩少々加えてゆでる
(くちなしの実を入れると色が鮮やかに)
3. 熱いうちに裏ごしし、砂糖 1.5C( あまり甘くない方がよければ1C )と甘露煮の汁少々加えて火にかける
4. 木じゃくしで混ぜながら、トロッと落ちる硬さまで練る
5. 栗と、みりん 大 2 を加えてつやよく仕上げる

定番のおせちの他に、口取りとして数品加えます。
 ・ 市松のしどり
 ・ ゆり根のイクラ和え
 ・ スモークサーモンのきぬた巻き
 ・ 牛肉(又は豚ロース)の西京味噌漬け

2013年和食が、世界無形文化遺産となりました。
各地方に伝わる伝統的なおせち料理の食文化は、
ずっと後世に引き継いでいってほしいものです。

曼珠沙華とは。意味と花言葉は?群生する名所

夏の暑さが過ぎて、少し涼しい風が吹くようになると、
田畑の農道や土手に、(主に)赤い花が咲きますね。
彼岸花(ヒガンバナ)の別名で、 ”曼珠沙華” の花です。
彼岸花B

”曼珠沙華” の字から、仏教に関しているのが分かります。
法華経の中の梵語(サンスクリット語)に由来しています。

梵語は、古代から中世にかけて、
インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語で、
その音源(manjusaka)が、似ているからです。

曼珠沙華とは

仏教でいう曼珠沙華は、 「天上に咲く白いやわらかな花」 で、
花の外観は、彼岸花とは似ていません。

彼岸花は、秋の彼岸の頃から開花するのが、その名の由来です。
地獄花(じごくばな)、死人花(しびとばな)、など異名が多く、
日本では不吉で忌み嫌われて、あまりいい印象がなかったのですが、
「天上の紅い花」 として、反対におめでたい兆しとされることもあります。

地獄花とか死人花といわれるのは、
有毒な多年生の球根性植物で、特に鱗茎にアルカロイドを多く含んでいて
誤って食べると、吐き気や下痢を起こし、
ひどい場合は、中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもあるからでしょう。

水田の畦や墓地に多く見られるのは、蛙や虫やモグラなど田を荒らす動物が
鱗茎の毒を嫌って避けるようにしたため、とされています。

曼珠沙華は秋の季語で、花言葉は、

「情熱」・・・「想うはあなた一人」
「再会」・・・「また会う日を楽しみに」
「独立」「あきらめ」・・・「悲しい思い出」

彼岸花A

日本全国に曼珠沙華(彼岸花)の名所があります。
真っ赤な曼珠沙華が咲き乱れる光景は、圧巻ですね。

  • 埼玉県日高市・巾着田・・・・・・500万本
  • 神奈川県伊勢原市・日向薬師・・・100万本
  • 岐阜県海津市・津屋川の土手・・・10万本
  • 愛知県半田市・矢勝川の堤防・・・100万本
  • 広島県三次市・吉舎町辻の馬洗川沿い
  • 長崎県大村市・鉢巻山展望台・・・100万本

大暑の意味、大暑の候の時期とは?

主に書面でのことですが、夏の挨拶でよく使う言葉に、
「暑中お見舞い申し上げます」
というのがありますね。
この ”暑中” というのは、小暑と大暑の間の一ヶ月間のことなのです。
日差し1

二十四節気を配置する方法の一つ、現在広まっている定期法では、
大暑は、7月23日、7月22日のいずれかとなります。

では、大暑とは、何のことでしょう。
大暑の意味は?

太陽年で定められている 二十四節気の一つが、大暑です。
太陽が黄道上の分点・支点を出て再び戻ってくるまでの周期が、1太陽年。
1太陽年を24等分にして、その分割点を含む日に、
季節を表わす名称を付けたものが、二十四節気です。

二十四節気でいちばん馴染み深いのが、
立春・立夏・立秋・立冬ではないでしょうか。

この春夏秋冬の4つの季節を、さらに6つに分けた24の期間を表わすものとして
使われているのが一般的です。

大暑は、夏至から秋分までの間にあり、
夏至 → 小暑 → 大暑 → 立秋 → 処暑 → 白露 → 秋分
となります。

快晴が続いて、気温がぐんぐんと上がり続ける頃で、
一年のうちでも 最も暑い時期となります。

大暑の候というのは、
「~~の候」 と、時候の挨拶で使う 言い方になります。

夏のあいさつの最初に、 「酷暑の候~」 とか 「猛暑の候~」 といった具合に用います。
この ”候” を細かくすると、 「初候」 「次候」 「末候」 とあって、
二十四節気をさらに、約5日ずつの3つに分けた 七十二候という期間になります。

大暑の ”初候” は、桐の実が生り始める、という意味の 『桐始結花』
”次候” は、土が湿って蒸暑くなる、という意味の 『土潤溽暑』
”末候” は、時として大雨が降る、という意味の 『大雨時行』

という名称で、俳句の季語に用いられます。
大暑の末候から、立秋の初候へと移り変わっていくわけです。

土用の丑の日はいつ?意味と由来は?うなぎ以外に何があるか。

「土用の丑の日」 には ”鰻” を食べる習慣が、古くからありますね。
そもそも 「土用」 というのはなんでしょう?
うな重
木・火・土・金・水、の五つの要素で、天地すべてのものが成り立っている、
という ”五行説” が、古代中国にはあります。

季節にもこれが当てはまり、
 春は、→ 木
 夏は、→ 火
 秋は、→ 金
 冬は、→ 水

「土」 は、それぞれの季節の 最後の5分の1に当てはめます。
季節の変わり目直前の18~19日間が、「土用」 となるのです。

   春 → 立夏 → 夏
   夏 → 立秋 → 秋
   秋 → 立冬 → 冬
   冬 → 立春 → 春

上のように、春夏秋冬それぞれに土用はあって、
そのうち特に暑い夏の時期 (立秋) が、いちばん注目されるようになったのです。

土の気が盛んに働く、という意味の 「土旺用事」 から、
「土用」 となったそうです。

「丑の日」 というのは・・?
旧暦で、日にちに 十二支を当てはめます。

季節の変わり目 ”立秋” の前18日間に当てた場合、
十二支が、2回入る年と1回しか入らない年があります。
 
 ※ ちなみに2013年(平成25年)は、7月22日と8月3日の2回です。

では なぜ、 ”うなぎ” なのでしょう。

平賀源内が、友人の鰻屋を助けるために、
「本日丑の日」 と書いて、店先に貼ったら繁盛したので
他の鰻屋もまねするようになり、鰻を食べるのが定着した。。
うなぎ看板
というのが、通説となっているようです。

じつは万葉集にも
 『~~鰻 (むなぎ) 捕り食せ (めせ) 』
とあり、昔から鰻には栄養が豊富で、
夏痩せによいと、認識されていたようです。

丑の日に「う」のつく食べ物をとると夏負けしない、という風習から
うなぎ以外にも、「梅干し」や「瓜」なども食べたようです。

じっさい 梅干しには、クエン酸や適度な塩分があり、
瓜(きゅうりなど)には、カリウムが含まれていて水分が多く
体を冷やす効果もあります。

鰻の蒲焼、うな丼やひつまぶし、などを、病院やオフィス、学校といった所で
土用の丑の日の行事食として、取り上げられているようです。
季節の変わり目、特に食欲減退の暑い夏に、栄養価の高いうなぎで
夏バテ防止しよう、ということですね。